社長の孤独

497 Views
2019.10.31/Thu
日々のこと

 
 
 
 

僕の尊敬する経営者が昔こんなことを言っていた

 
 

 
 

「社長の孤独」というのは、社員と会話が通じないこと

 
 

全社員と会話が通じなくなる

 
 

ビジネスの場合は、スピードの遅い人間に合わせるわけにはいかない

 
 

だから、常に社長のスピードにみんなを合わせさせる

 
 

社長が常に引っ張る立場でいなければいけないし、それによって、強引さも生まれ、人に嫌われることにもなる

 
 

社会において地位や役職が上がると友だちを作りづらくなってくる

 
 

 
 

今日数少ない友人の経営者の1人と話しをした。

 
 

スタッフが不本意な理由で、辞めるか否かという状況らしい

 
 

事情は複雑だ

 
 

‪一緒に野球を見ているときに、お互いに「ここはバントだよな」とか、「ここで代打だよ」とか仲良く語れていた。 
 

でも、ある日突然、自分が監督をやらされる。当然、立場が変わることで情報量も変わる。

 
 

つまり「表には出ていないけど、こいつはケガをしている」とか、いろいろ事情がある。そこで今までと違う判断をすると「あいつは変わった」と言われる。


 
 
世の中の頑張ってる社長!!

 
 

俺も仲間だ!!

 
 

柴田

PAGE TOP