柴田クレジットカードヒストリー”2018″

626 Views
2018.12.13/Thu
コラム 日々のこと

■遥かなる5年前へタイムスリップ

 

 

 

 

 

毎度お馴染み流浪のブログ、遺言の時間がやって参りました

 

 

 

11月の決算期を終え、一年の集大成12月に突入しましました(早速噛む。あえて残すこのセンス。そんな自分。嫌いじゃない

 

 

 

 

来年合流予定、新メンバー

 

 

 

 

企画の新商品開発

 

 

 

 

 アパレルブランド事業

 

 

 

 

若手アーティスト個展

 

 

 

 

etc….

 

 

 

 

来年もやりたいことだらけなわけでございますが、やりたいことやる為にはどうしても避けては通れないことが、御座います

 

 

 

 

 

何かって???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予算です(金)!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

繁栄させるには投資も必要なわけで

 

 

 

 

安定期などという言葉は僕の中にはなく

 

 

 

 

少しのリスクはむしろ細胞が活性化していくのです

 

 

 

 

年明け、とある機関に事業の融資をしてもらう為の面談を控え

 

 

 

 

顧問税理士さんとやりとりをしていると、

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなメールを頂けました

 

 

 

 

流石社長の味方です

 

 

 

 

 

手順や流れもしっかり教えてくれます

 

 

 

 

ん??

 

 

 

 

 

 

 

 

そうか!!!!すっかり忘れてた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

クレジットカードの利用状況も見られるんだった

 

 

 

 

そこで!!!

 

 

 

 

法人を立ち上げ一度足りとも支払い遅延をしたことなどもちろんなく、(当たり前

 

 

 

 

確固たる自信はあったものの、

 

 

 

 

個人柴田修平となると少しだけ不安があった

 

 

 

 

カード使いすぎて、口座の残高が足りないというカード会社から通知ハガキはなんどかお目にかかったことがある

 

 

 

 

そう、完璧な状態で戦へ(面談という名の)臨みたい僕は、個人のクレジットカード履歴を調べに

 

 

 

 

 

 

 

 

新宿へと向かいました

 

 

 

 

 

 

 

 

CICという機関

 

 

 

 

入ると

 

 

 

 

小さな銀行くらいの規模で

 

 

 

 

窓口が3つ

 

 

 

 

僕のほかに10数名のお客様いました

 

 

 

 

 

 

 

 

免許証番号や住所などを機械に入力

 

 

 

 

 

 

 

 

受付番号で呼ばれて引き換え券のようなものを、もらい、この後使う免許証などを入れるファイルケースを受け取る

 

 

 

 

 

 

 

 

券売機で予め手数料500円を買っておく

 

 

 

 

待つこと5分

 

 

 

 

110番の方ー!!!

 

 

 

 

綺麗なお姉さんが呼ぶ

 

 

 

 

そして受け取るのは

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな報告書

 

 

 

 

過去5年間の柴田のマネーヒストリーが全て記載されている極秘文書

 

 

 

その一部読者の諸君にお見せしよう!!!

 

 

 

 

 

 

ちなみにSは素晴らしくて、それ以外は少しやばいというのが、この見方らしい

 

 

 

 

A=支払い遅れ

 

 

 

 

B=なんらかの事故

 

 

 

 

C=自己破産

 

 

 

 

的な感じだったと思う(詳しくはググってくれ)

 

 

 

 

そう基本的にあらゆる金融機関、保持しているクレジットカードの全てがSだった僕だけど、唯一平成25年と26年に、 それぞれAがあったカードが存在していた。

 

 

 

 

つまり支払い遅れがあったのだ

 

 

 

 

 

 

 

…………….。

 

 

 

 

 

 

 

 

こ、これは……

 

 

 

 

落ち込むぜ(自己責任

 

 

 

….多分あの時のだ….

 

 

 

 

なんとなく思い当たる節がある

 

 

 

ちなみにケータイの支払いを端末ローンで買ってる人はマジで気をつけてくれ

 

 

 

ケータイの支払い何回か遅れて、教育ローン、住宅ローン通らないパターンが続出してるみたいだよ。(それが怖いからわしゃ一括キャッシュじゃ)

 

 

 

 

話しは戻り、Aがあった僕だけど、まぁそれ以外は良かったわけで、

 

 

 

 

 

気にしたところで仕方ない

 

 

 

 

 

信頼によってカードやローンが、使えるわけで、その信頼と実績を重ねないと本当に困った時、過去の自分の行いが災いをもたらすということを自覚することしかない

 

 

 

 

 

あらためてこのブログを通して学んで欲しい(どの目線)

 

 

 

 

 

税理士に相談したところ、そこだけを見るわけではないし、完済しているのだから、今後の未来は気をつけるということさえしてれば大丈夫ですよ。と優しく言ってくれた

 

 

 

 

 

信用情報は5年するとリセットするらしい。

 

 

仮に、この信用情報を元に、金融機関やローン会社が審査をし、結果的に審査落ちした場合、

 

 

 

 

5年間、欲しいものが手に入らないと考えると人生に多少なりとも影響はくるであろう

 

 

 

 

 

まぁ別にそうなったら自力でなんとかするけどね!!(そういう問題ではない

 

 

 

金も、人間も、信頼の日々の積み重ねってことだわね

 

 

 

ちなみに1円であろうが1000万であろうが、一日であろうが、10日であろうが、先方が支払い遅れとしたら支払い遅れとみなされますから。

 

 

 

そりゃ貸す側になったらその通りなのだが。見えない相手には強気になったり、義理が薄くなってしまうのも人間だと思っております

 

 

 

 

信頼回復に努めますwww(それしかいえねーよw)

 

 

 

 

 

 

さ!!!面談に向けての計画書仕上げまっせー!!

 

 

柴田

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP