【ネタバレあり】表現者という生き方が少しでもかすっている人は涙腺にくるでしょうや【ボヘミアン・ラプソディ】

792 Views
2018.12.07/Fri
コラム 日々のこと

※ボヘミアン・ラプソディの感想はちょっとです。

 

 

 

 

 

■阿佐ヶ谷のフレディことゴロちゃんと休日映画館へ

 

 

 

【BASHODAKE!!】終わりの二日酔いにヘパリーゼで完全にキメまくり、

 

 

 

僕的穴場「ユナイテッド・シネマとしまえん」へ

 

 

 

 

ゴローがフレディである所以はこちらのブログ

↓↓↓

おかげさまで2周年祭、開催されました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着すると、

 

 

 

 

 

 

 

 

おー!!フレディ!!

 

 

 

んとーえーっと、、

 

 

 

 

 

まあ、メンバーだメンバー。

そうだそうだ。

クィーンメンバー。クィーンメンバー、。、

山口●ンバー的な。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

 

もう一回!!

 

 

 

 

 

 

うん

 

 

 

 

 

うんうん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うんうんうん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

w

 

 

 

 

■あれ?

 

クィーンって4人のはずなのに、豊島園の映画館には、3人しかいない(バカ)

 

 

 

 

 

 

 

 

だから撮影してると最後の4人目のメンバーは仕方なくゴローになる(撮らなきゃいいだけ)

 

 

 

 

そんな、僕の浅はか過ぎる考えは映画の後に木っ端微塵に消え去るのだった

 

 

■話題の映画【ボヘミアンラプソディ】を鑑賞してきました

 

 

 

※ネタバレありです(見ちゃいや)

 

 

 

 

 

タイトルにも書きましたが、表現者という生き方が少しでもかすってる人であれば、酷評するようなことはないかと思います

 

 

冒頭の20世紀FOXのオープニングからQueen仕様!

 

 

 

この時点でどうせクオリティ高いんでしょ!!どーせ!!( ̄∀ ̄)

 

 

と完全に柴田をニヤニヤさせる。

 

 

 

クライマックス手前から始まり、ラストのライブエイド大団円手前で、主人公フレディのそこに至るまでの孤独や挫折、などなどが描かれる過去編へ突入

 

 

 

 

「えっ!!?最初に激しいの見せられて、過去プロセスを共有して、激しいをはるかに超えたラストへ戻る感じだ!!」と正にジェットコースターを予感させ、その期待通り、ラストは、『冒頭のクライマックスへと舞い戻る』という構造。

 

 

 

 

クライマックスへ向かう時間の中で、Queenの珠玉のナンバー、フレディやメンバー(メンバーエピソードは少なめ)の栄光と挫折と再起をかけた魂の歩みをたっぷり、それはそれはたっっっぷりと時に激しく時に優しいシャワーのように観客はラーニングされ、追体験する感覚で、共にステージへ

 

 

 

 

 

 

 

左にゴロー、僕は顔を少し右にずらし、手で覆い隠すようにラストシーンでボロボロ泣いていた

 

 

音楽ってすげーよ

 

 

 

 

 

音楽ってすげー涙、涙、涙、

 

 

 

 

 

 

 

■そうそう結局最初の3人は

 

 

 

 

 

 

 

なるほど、

フレディの軌跡ということね、、

 

 

としまえん、、なかなかニクイゼ(・∀・)

 

 

■そう、仕方ないとは思うが

 

もう少し他のメンバーのことを描いて欲しかったなというのが素直な気持ちです( ̄∀ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、でも、とてもとても良かったです。

 

 

 

 

 

あ!!ちなみにQueenはジョジョから知りました。(4部ね)

なので小さい頃から馴染みはありましたが改めてファンになりました

 

 

表現者は観るべしボヘミアンラプソディ!!&ジョジョ。

ではまた

 

 

 

 

柴田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP