【てめえどうすんだよ問題】

712 Views
2018.09.19/Wed
コラム

最近、いわゆる【セミナー】のお誘いが多い

 

 

 

 

 

ヒトは嫌でも知らず知らずに誰かの影響を受けて、マネてしまう

 

 

 

 

 

 

僕もそんな影響を受けやすい一人なんだが、同時に、誰かのマネ程カッコ悪いものはないとも思っている

 

 

 

 

 

 

それなのか、なんなのか、基本的には自分が興味あることや、夢中になれること以外の誘いはなるべく断るようにしている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲食店をオープンした時に、【横の繋がり】というものを僕はあまり得意じゃないんだなということがよくわかった

 

 

 

 

 

 

 

好きだから行く、美味いから、接客がいいから、かっこいいから、近いから、などなど、店にわざわざ出向く理由は自分なりにはある

 

 

 

 

 

 

【あそこ(の店)には挨拶に行った方がいい】というアドバイスが衝撃的だった

 

 

 

 

なぜ?w

 

 

 

 

 

中学時代に経験したヤンキー文化とあまり変わらない諸先輩方達が築いてきた土着的な文化に馴染めずにいた

 

 

 

 

 

そして結局飲食店をオープンして1年

 

 

 

 

 

 

未だに馴染めねぇし馴染む気も無ぇwww

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず僕は行きたいから行く

 

 

 

 

 

 

行きたくないなら行かない

 

 

 

 

 

 

僕と付き合ってる方々は、僕がその人達を好きだから、連絡も取るし、酒も飲むし、仕事も一緒にやる

 

 

 

 

 

 

 

【横の繋がり】というのはこれでいいのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果としての【横の繋がり】なのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス革命  pixabayより引用

 

 

 

 

 

 

しがらみが嫌い。これに尽きる。

 

 

 

 

でもそれはある人に言わせると”修羅の道”らしい

 

 

 

 

 

 

はて?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹木希林に次いで

 

 

山本KID徳郁選手が死んだ

 

 

 

 

僕ら世代のスターだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れもしない大晦日の試合は釘付けになって見ていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のKIDの【死】は

 

 

 

 

 

 

 

死ぬ時は死ぬんだということを改めて教えてもらった気がする

 

 

 

 

 

多少、”修羅の道”だとしても、やりたいことをやろうと、再確認が出来た

 

 

 

 

 

 

興味の無いことはやらないし、興味のあることはやる

 

 

 

 

 

 

 

シンプルだ

 

 

 

 

 

 

 

41歳

 

 

 

 

 

 

 

僕に当てはめると10年もしないで死ぬんだな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今を大切に生きていこうと思う

 

 

 

 

 

 

だから情報が多すぎる中で、直感的に無しだな、と思ったものは、極力選択しない

 

 

 

 

 

 

 

それで誰かのせいにする程、僕は腐っちゃいない

 

 

 

 

 

 

 

逆を言うと、僕を無しだと思う人は、無理して付き合わないで欲しいw

 

 

 

 

 

 

承認がモチベーションになるという考え方は、「自分がない」という欠点に転換する

 

 

 

 

 

 

 

これを放置すれば本人の成長も止まる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の苦労なんていくら聞かされたって成長しない

 

 

 

と散々勝手に言わせてもらったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難しいのは、組織作りは少し違うと思ってる

 

 

 

 

 

 

 

 

a・人に言われたからやった、という仕事は存在しないという職業観

 

b・上司や他人からの指示がない仕事は存在しないという職業観

 

 

 

 

 

 

 

 

aの人はおそらく報連相が少ない自由意志。ミスをすれば自己責任。bのような部下は疲弊する。仕事の主導権は自分。

 

 

 

bの人との仕事は過程も共有できるので仕事がしやすい。ミスの原因を聞くと〇〇さんの指示でというとこまでしか考えない。主導権は他者。

 

 

 

 

 

 

 

 

突き詰めると、どちらがいいという話でもなく、どちらも正解

 

 

 

 

 

 

 

 

ましてや、上手く両方のバランスを取ればいいってものでもない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両方が十分に必要なのですww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の理想の組織は

 

 

 

 

【攻殻機動隊】の公安9課の荒巻課長の名言から抜粋

 

 

 

 

 

『我々の間には、チームプレイなどという都合のよい言い訳は存在せん。有るとすればスタンドプレーから生じるチームワークだけだ』(プレイとワークを変えてるのは再現度100パーです)

 

 

 

 

これは部下のスタンドプレーの容認であり、信頼がないと出来ない発言ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、組織においては僕の器の問題ですかねw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話しを戻しますが、

 

 

 

 

 

柴田個人の考えとしては岡本太郎のこの言葉がしっくりきます

 

 

 

 

 

【計算を超えた無目的な闘い、いわばあらゆる対象への無条件な挑みを続けることが人間的であり、生きがいであると信じてる】

by 岡本太郎

 

 

 

 

 

 

 

 

何が言いたいかって?

 

 

 

 

 

 

てめえどうすんだよ!!ってこと

 

 

 

 

 

柴田

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP