リンガーハットの片隅で

450 Views
2018.08.09/Thu
コラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、どうしても夏は戦争に想いを馳せてしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終戦の日くらいまでは、毎年僕はこんな感じだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こればかりは仕方がない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿佐ヶ谷3349と阿佐ヶ谷landと家と近所の飲み屋と銀行が活動範囲で、

 

 

 

 

 

 

 

この辺にいるやつは大体友達で(あれ?どっかで聞いたぞ)

 

 

 

 

 

 

 

 

高円寺や中野にも大好きな人達がいて

 

 

 

 

 

 

 

でも時代が違えば、人類史上最後の核兵器で一瞬でコミュニティの全てが無くなったわけで

 

 

 

 

 

 

 

僕ははたして耐え切れるのだろうか

 

 

 

 

 

 

 

妻も家族も友人もお客さんも仲間も近所のコンビニの店員もよく行く定食屋のおばちゃんも態度悪いクリーニング屋も居酒屋も家も気に入ってる服も、、全部が灰になった世界で、仮に僕だけ生き残ったとしても、生きてる間に笑えるのだろうか。。

 

 

 

 

そんなの嫌だからみんなと死にたいと思うのか、そうなってみないと、本当のことはわからない

 

 

 

 

 

まさに、想像を絶する世界

 

 

 

 

 

 

 

年に一度、想像を、絶する世界に想いを馳せる

 

 

 

 

 

何故なのか

 

 

 

 

自分でもわからんが、きっと必要なのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜たっぷりちゃんぽん

 

 

 

 

 

 

リンガーハットでちゃんぽんを食べながら、そんなことばかり考えてしまう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ちゃんぽんは美味い。

 

 

 

これは本当のことだ。

 

 

 

柴田

 

 

 

PAGE TOP