神との対面 前編

135 Views
2019.05.11/Sat
日々のこと


 
僕はその日緊張していた
 


 
マルチタスクはもちろん、シンプルタスクもこなせない、その【モノ】にしか意識が集中出来なかった
 


 
皆さま、これは僕、柴田修平と神との対話の物語である
 
健全な男性の読者の君らならわかるだろう
 
そう
 

 
S!O!D!ことソフトオンデマンドだ!!!
 

 

 
ご存知、国内屈指のアダルトビデオメーカー
 
 
その本社に
 
 

 
 
馳せ参じたわけです
 
 
目的はただ一つ
 
 

 
 
SODの元社長にして、あのTENGAの創業出資者の
 
 
【高橋がなり】様(以下、神)とのご対面だ
 
 
元々YouTubeで神が人生相談という企画をやっていることを知り、10代からのファンであった僕は熱烈にラブコールを送った
 
 
悩みは無いとお伝えしたのだが、なんと快く受け入れていただけたのだ!!!
 
 
あぁ神よ
 

 
僕と神との出会いを少しお話ししたい
 
 
その昔
 
 
くすぶっていた10代の時代
 
 
・つぶあんとマーガリンのコッペパンを2つ
 
 
・2リットルの水の入ったペットボトル1つ
 
 
・高橋がなり様のがなり説法という本
 
 
この3つをリュックサックの中に入れ、深夜のヤマト運輸の荷卸しのバイトをしていた時期があった
 
 
1店舗目のサロンで副店長の女性店長からの猛烈なご指導に耐えきれなかった僕は、3ヶ月足らずでリタイア。(我ながら情けない)
 

 

Nさん。今では感謝しておりますm(_ _)m(マヨネーズ事件は今でもムカついてます。またいつか。)
 
 
 
取り敢えず日銭を稼がなくてはいけないと、当時住んでた中野から東陽町まで電車で行き、ヤマトのお台場の倉庫行きの専用のバスへ乗り込み、誰とも喋らず、誰とも口を聞かず、機会と化した
 
 
 
休み時間は僕と神との時間
 

 
 

この時間が唯一の心の支えであった
 

 
 
俺は負け犬なんだ
 
 
 
 
負け犬がどうやってここから這い上がるのか、神は厳しくも優しく教えてくれた
 
 
 
いつしか僕は高橋がなりが神となり、心の師となっていた
 

 
 

あれから15年以上の時を経て
 
 
 

 
 
 

遂に
 
 
 
 

続く

PAGE TOP