戒め3349

463 Views
2018.12.30/Sun
日々のこと




●こんなにもブログとの両立が出来ない日々がこようとは。






年末舐めていた。



分刻みスケジュール。


全部やってやろうという自分の長所なのか短所なのかわからんところが、年末に爆発した。


南阿佐ヶ谷ドトール





その弊害はブログ更新に影響(まあそんなに気にしてないが)



そのおかげか、やっと、やっと、やっと、人並みに年が越せそうだ




阿佐ヶ谷3349は会社歴代売り上げレコード更新をし、全てのヘアデザイナーが120万以上のプレイヤーとなった




ホットペッパーのプランを下げ、クーポンなどで決して安売りをせず、地道に活動して言った成果だと思う




みんなよくやってくれたと思う!!!













その反面、柴田がマネジメントに介入しないとまだまだ機能しない組織としての弱点も見えた12月だった(自慢か?)




僕はボス猿にはなりたくない。




1人のクリエイターとして3349に所属していたい(わがままいうな。社長のくせに)




その思いとは裏腹にやはり新記録が出るような月は問題も少なからず起きる。




進化の過程、産みの苦しみは新たな成長の段階ではつきものだ




すると変化を嫌う生物は無意識に拒絶する




マネジメントで対処がわからない




思考停止と化す






すると、登場する





変化大好きな柴田社長





順応なもんだから結果楽しくしてしまう




トップでリーダーをやりながらマネジメントも兼用するんだぜ!!





こうやりな!!どうだ?




「わー流石です!!柴田さん!!」


「柴田さんのおかげです!!」


「やったー!!達成!!」




皆が喜んでいる






わーい!!よかった😃


















これは非常にマズイ。。。。。。



俺やっぱ凄いなと思うほど馬鹿じゃない。



俺は馬鹿だ。





大馬鹿もののメタボ美容師野郎!!という話なのだ。




またやっちまった。




彼ら彼女らから失敗という経験を奪い、楽しくありたいという僕の想いだけで楽しくしてしまった





本来、達成しないプロジェクトを達成させてしまった






自慢に聞こえたらそれはそれで構わんが僕はトップダウンのマネジメントは得意な方だ







繊細に、粘りつよく、モチベーションを上げるチームマネジメントは得意な方だと思ってる









でもそれは本来は僕の仕事ではないのだ






僕はマネージャーには全権を委任し、【未来】を創造するのが仕事なのだ






そっちもいーけど、こっちもあるぜって道を示すのが、ある意味のポジション的役目だと思っている
(ウチの会社はそーゆー意味だと複雑なんで、あくまでサロン事業においてはね。ソロ活動は個々に好きにやってくれー)






そう本当に素晴らしい結果を残した年末だったと思う







お陰様で利益もきちんと出せた









ただ、あまりにも自分が介入しすぎた






肝心の本来自分がやるべき2019年上半期構想が少し遅れてしまった(脳内)





途中まで良かった。いい感じにみんなもがいて悩み苦しんでいた。




それを助けてしまったのだ。。




これは自分ルールとして最低だと戒めている




僕は2019年。現場からもっと離れることとする




というか取り返しつかないものでなければ失敗していいのだ




俺だって失敗しまくってるんだ




結果責任を必要以上に追求しようとも思わない




ショックな顔も見せない




本人が気づいて、本人が修正することに意味がある



教育は教えることじゃない。気がつく(気がつかせる)ことである




ちょっとやちょっとで傾かない会社を作ればいいのだ




もうこのままだと、手取り足取り教えるボス猿になってしまう



僕は一匹狼になりたい(じゃあ社長やるなって?わかってねーなこのやろー)



厳密にいうと



話しを聞いてくれて、アドバイスしてくれるけど適度な距離で一匹狼のおじさん



でいいのだ



そんなこんなで近況です



年内怒涛のブログ更新しやす!!


多分!!



柴田





























PAGE TOP