ジョジョ展〜冒険の波紋〜【後編】

575 Views

■前回までのあらすじ

 

メイドインヘブンで一巡したセカイの2018年

 

 

出会うはずの無かった二人のスタンド使いは運命の奴隷としての運命に抗い

 

 

レクイエムを発動

 

 

黄金の精神でこれを乗り切り平穏な日々が訪れた、、、、かに思えたのだが、、、、

 

 

■先ずは杜王町(3349)で待ち合わせ

 

ヘブンズドアーとD4Cを纏う二人

 

 

杜王町の仲間達に見送られる僕ら

 

 

 

杜王町の人々。一巡前は美容師さん

 

 

 

 

杜王町のみんな。一巡前は3349という美容室だったらしい

 

 

 

杜王町のみんなが国立新美術館までの道順を調べてくれました(自分らでやれよ

 

 

 

そして、ザ・サンのスタンド攻撃で完全に体力を奪われた一向だったが、ラブトレイン(一巡前は東京メトロ)で辛くも国立新美術館へ到着

 

 

 

 

 

ザ・サンがちょい強すぎる

 

 

 

 

ミッドタウン内にあるよ

 

 

 

 

しかしアキラ兄のガチ感、冷静に見るとやべーwww

 

大行列

 

 

時間指定でこの行列

 

 

プレビューday、、、恐るべし

 

 

 

 

待つこと30分程、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやーもうテンションスポーツマックス!!バイツァダストです!!

 

 

■お待たせしました!!ジョジョ展撮影可能箇所のみ披露しやす!!

 

 

ツェペリ男爵とジョナサン

 

 

リサリサ先生かわいい

 

 

 

 

杜王町七夕バージョン

 

 

 

グラマー徐倫

 

 

ツェペリの意思はジョジョが継ぐ

 

 

仲間に入りたい

 

フィレンツェ展も僕行ってます

 

 

呪いを解く物語

 

ルーブル展も行った過去があります

 

キービジュアル

 

 

残念ながら写真撮影可能はここまでです

 

 

 

まあ今回の原画展は本当に情報量もいっぱいで特に荒木飛呂彦先生によろ音声ガイドはファンにはたまらない内容でした

 

 

キービジュアルの前でパシャり

 

 

ジョジョの奇妙な冒険はファンタジーとリアリティーの追求だということや

 

ジョジョを構成する4大要素(テーマ、ストーリー、キャラ、世界観)などもかなりの膨大データで全部メモってくることができました

 

 

クリエイターとしても、とても勉強になり、あらためてこの作品が好きになりました

 

もちろん新作書き下ろしも特大ボリュームで拝むことができ、大大満足な内容でした

 

 

 

 

 

終わった後はやはり物販購入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに物販に使った金額

 

 

 

6万7千円強!!!

 

 

 

 

 

 

二人合わせて14万弱

UUUUUURIIIIII!!

 

 

 

 

 

 

 

Tシャツ

 

メダル

 

 

トートバッグ

 

 

ステッカー

 

 

名刺ケース

 

 

 

クリアファイル

 

 

 

ポストカード

 

 

 

 

ペーパウェイト

 

 

 

ハンカチ

 

 

 

 

手ぬぐい

 

 

 

お皿

 

 

 

ポスター

 

 

 

 

ブローチ

 

 

 

USBカード

 

 

 

お菓子

 

 

 

 

図録

 

 

 

 

などなど、、、、、

 

 

 

 

 

 

まあ自身のアイデアソースの根源となっていると思えば安いもんですわ!!ははははははは

 

 

■まとめ

 

非常に濃い内容でした

 

 

 

 

 

ファンならもちろん、少し興味がある方でも楽しめる内容かと思います

 

 

 

あまりネタばれになってしまうと楽しさも半減してしまうと思うのでこの辺にしておきますが、きちんと原画を隅まで観たい方は指定時間30分前から並ぶことをお勧めします

 

 

後個人的には六本木展や仙台展の時みたいなキービジュアルのポスターは販売して欲しかったのが残念だったかな

 

 

 

あと途中退室ができないんでカバンに飲み物とか入れとかないとしんどいです(手持ちは禁止なので注意

 

 

 

 

 

 

 

帰りのスピードワゴン財団(一巡前は東京無線

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて偶然

 

やはりスタンド使いは惹かれ合うのか、スピードワゴンが優秀なのか

 

 

 

何にしてもとてもグレートな1日でした

 

 

 

 

 

 

柴田

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP